読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者かになりたい一般人のブログ

国境も職業もボーダレスに生きてる自由人・笠岡夏美です。小さな学びや気づきのアウトプットを積み重ねたら、何になるのかを探る、クエスト的ブログです。

ブログの機能を拡充してみよう Vol.1 挽回編

ブログの進化

気がつけばはや金曜日。全然続きの記事アップしてなかった。。。
さすがに中途半端においておくのはみっともないので、引き続き対応した、惨敗したところの対応状況。


課題1

メニューバーの中身の連携


考察

参考ブログに書かれていたHTML、そのままコピペして、リンク先だけを変えていました。よくよく見てみると(というか、一目瞭然なんですけど…)

<a href="http://kasaokanatsumi.hatenablog.com/archive/category/~~" title="~~">

「http://~~」のリンク先が、「archive/category」となっています。
つまり、この参考ブログでは、「メニューバーのカテゴリー」=「別途設定するブログのカテゴリー」になるようになっています。


そして気づいた事、
はてなブログでは、1記事でも複数のカテゴリーに分類することができるが、パンくずリストでは「一番最初のカテゴリー」として選んだカテゴリーで表示される。


ブログのカテゴリー、まだ表示できてないんですけど…現状6つあります。

・自己紹介
・ブロクエ
・仕事
・思考の整理
・つぶやき
・読書記録

このうち、「自己紹介」「ブロクエ」はそのままメニューに表示、
「仕事」「思考の整理」「読書記録」「つぶやき」は今後タグで分類したいと思っているので、まとめて「ブログ」というカテゴリにする
と方針決め。


すなわち、

・「仕事」「思考の整理」「読書記録」は、小カテゴリー。大カテゴリー「ブログ」の中に存在する。
・HTMLの<a href="http://kasaokanatsumi.hatenablog.com/archive/category/~~" title="~~">における~~を「ブログ」とする。
・「仕事」「思考の整理」「読書記録」の記事を書いたときには、必ず2つのカテゴリーに分類する。
・その際には、必ず「小カテゴリー」、「大カテゴリー」の順で分類。


ということで、「仕事」「思考の整理」「読書記録」の記事に、もう一つ「ブログ」というカテゴリーをそれぞれ追加…

 

結果

これで、できてるはず!ヽ(;∀;)ノ

 

…できた!ヽ(;∀;)ノ
やったよ~~~


またカテゴリー関係なく、全記事を表示させられる画面として「ホーム」を設けました。
これは、「http://~」後の「/archive/category/ホーム" title="ホーム"」を削って完了。


「記事一覧」は、そのうち記事が増えてから対応予定。
「お問い合わせ」は、次に対応。


ひとまず、仕組みを学び取りました。
メニューのカテゴリーも定義づけられたし。
ワンランクアップ。自分に甘すぎる。

 

 

課題2

メニューバーと記事の間隔がせまい


考察

とりあえず他のブログを見てみる。。

www.dagasorega-e.net

id:dagasoregaeさん、ありがとございます。

 

CSS、フォーマットは違っているけれど、

何となく「ul{」で始まるところの最後に「margin-bottom:40px;」と入れたらよさそうだ…
という完全なる勘で試す。。


できなかったら消せばいい、こんなの「えいやっ」じゃい!(ノ  ̄Д ̄)ノ


自分の性格がとってもよくわかる。


結果

これもクリア!
パンくずリストの前に間隔空くのはちょっと…だけど、全然前よりいいでしょ。

わーい、課題一つずつクリアしていい感じになってきました。

 

 

課題3

Facebookに〇がない

 

考察

…息切れしちゃったから、また今度。

てへぺろ。

 

 

その他

サイドバーにカテゴリーつけたり、順番変えたり、自分の作ったグループ設置したり、色々いじってみました。
このあたりだったら、少し設定画面いじればできる感じ。

 


最後に

カスタマイズすると、愛着わいてきます。はてなブログ、元々がシンプルでカスタマイズしやすいので、いい感じ。


そしてカスタマイズは丁寧に一つずつ対応したら、絶対できるんです。
でもね、いろんな事大きな部分を先にやりたくなっちゃうんです。

細かいところに神経まわらないんです。

 

 

 

性格の問題…


ホント、日々いろんなことに気づきますねぇ♪(*´ω`*)

 

 

次のクエスト

ということで、次はこのへんをやりたい

お問い合わせフォームの設置
フォローボタンの作成

 

まずは見た目部分から、一歩ずつね。。

引き続きの休日対応!