読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何者かになりたい一般人のブログ

国境も職業もボーダレスに生きてる自由人・笠岡夏美です。小さな学びや気づきのアウトプットを積み重ねたら、何になるのかを探る、クエスト的ブログです。

「人生計画」を立てること、オススメですよ!

信念・哲学 読書記録

年末年始は自分と向き合うちょうどよい時期。

ということで、Amazon Unlimitedを試して、ひたすら読書しつつ、インプットと今後の計画を考えていました。30日間で読んだ本、約20冊強。

無料お試し期間に1冊でも多く読もうという貧乏性により、ブログ休止状態でした…

 

さすがに短期間で読書はお腹いっぱい(°Д°)

 

そんな多読をやっていた30日間ですが、

本を読んで何を学び、何を考えていたのか?

 

ずばり「人生計画」です。
「今」から「死ぬまで」の計画…壮大です。。


なぜ人生計画をつくったのか?

年の初めに「今年の目標」を立てる人は多いと思います。

けれどもその目標は、何のために立てるのでしょう?

 

その目標を達成したら、そこでゴールでしょうか?

 

「ダイエットに成功する!」

「資格を取得する!」

「英語を勉強する!」

 

1年の最初に立てる目標、途中で挫折して、

年の最後には「今年の目標はなんだったかな?」という人は多いはず…

 

というか、1か月で忘れていたり…?笑


なんで挫折してしまうのでしょう?

その原因は、その先にある本当に得たいモノが見えていないからです。

 

「ダイエットに成功する!」 →そうなると何が得られる?

「資格を取得する!」 

「英語を勉強する!」 →その後どんなふうに人生に活かせる?


目標達成の先に「こうなれば、きっとこんないいコトが起きる!」って見えるものがなんとなくあると、目標は達成できやすくなります。


そうすると「2017年の目標」を立てるつもりが、それだけでは足りなくなり、

「どんな人生を送りたいのか?」、とどのつまり「人生計画」が出来がってしまったというわけです。

 


人生計画の立て方

テッパンで、この本が参考になります。

人生計画の立て方 (実業之日本社文庫)

人生計画の立て方 (実業之日本社文庫)

 

本田清六(ほんだ せいろく)

慶応2年7月2日(1866年8月11日) - 昭和27(1952年)1月29日)は、日本の林学博士、造園家、株式投資家。

 

先人の知恵とはまさにこのこと。

たとえ時代は変わっても、本質は変わりません。

 

ここで人生計画に必要な5要素が書かれています。

「1.正しき科学的人生観に徹すること」

「2.どこまでも明るい希望を持つこと」

「3.なるべく遠大な計画を立てること」

「4.終局において必ず大成するよう、危険を含まぬこと」

「5.科学の進歩と社会発展の線に沿わしめること」 

 

この要素(プラス、本で書かれてるその他もろもろ)に基づき人生の段階を決め、「この段階ではこうありたい」という計画を立てます。

 

そうして大局がつかめたら、10年計画、1年計画、月次計画…と落としこみ、最後にはToDoが出来上がります。


こうして私の2017年の行動計画を作り上げました。

あとはただ愚直に行動するのみ。

 

 

人生計画があることのメリット

何を食べるか?から就職などの人生の岐路まで、私たちの人生は選択の連続です。

そんなとき、人生計画は選択の指針になります。

 

計画通りにはいかないことはたくさんあるにせよ、

そもそも計画がなければ暗中模索、何をやっていいのか迷子状態になります。

 

「私、なんでこんなことやってるのかなぁ…?」(°Д°)

って思うのは、計画がないからです。

 


計画通りにいくいかないも、そもそもやってみないとわかりません。

ダメだった時には、また軌道修正すればいいんです。

 

…私の人生観そのものですね。。


とにもかくにも、指針がなければ迷いが生じます。

指針があれば多少大変なことでさえも、行動にうつすことができます。

 

 

最後に 

「今年の目標達成したい!」

「こんな自分になりたい!」

 

そんな想いがあるのならば、ぜひ「人生計画」を立ててみるのが良いかと思います。

一度真剣に自分の人生と向き合ってみるの、なかなか良いですよ。

2017年の始まり

信念・哲学 インドネシア生活

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。


ジャカルタでの生活が、今日でちょうど1年になりました。


職場&仕事という以外、何も持たずにやってきましたが、
1年をとおして沢山の人と知り合い、属するコミュニティーができ、居住空間ができました。

 

今ではたくさんの人の笑顔に囲まれている生活があります。

1年間で、こんなに得られること・ものがたくさんあるんだな、と気づいた1年でした。


またこれまでとは全く違う環境にあるおかげで、1日1日を大切に過ごせました。

「通常」からかけ離れた場に身をやったからこそ、自分と向き合う時間が多かったです。


渦中にあり、慣れてしまうと忘れそうになりますが、今の経験は本当に貴重。

今が貴重な学び・経験の時であることを意識し続け、引き続きジャカルタ生活を楽しめればと思います。

 

さらに私にとって2016年は、これまでのバラバラだったキャリアや経験をひとつに束ねる、10年間の集大成になる1年間でした。

ひとつ軸を通した、そんな感覚。

 

2017年は、新しいステージの幕開けにしたい1年。

これまで築き上げた「軸」をベースに、飛躍できるよう、
どんな苦しいときも自分を信じて頑張りぬきたいと思います。


今年もまた素晴らしい1年になりますように。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

f:id:kasaokanatsumi:20170104224827j:plain

2016年の整理と2017年に向けて思うこと

信念・哲学

年の終わりの12月は1年間の振り返りや、頭の整理をする日々です。

 

この1年の間に何を考え、何に気づき、何をやってきたのか…

どんな人と出逢って、どんな経験をしてきたか…

 

そんなことを自分の頭の整理先であるノートを見たり、改めてそこからの気づきを書き込んだり。

これまでの軌跡を見ながら、2017年の行先を考えています。

 

今年読んだ本は約60冊。

頭の整理で書き出したノートは約2冊。

 

仕事もプライベートも、学ぶこと気づくことがたくさんありました。

本を読んで分かった気になるだけでなく、身をもって実感できたことが山のようにあった年でした。


まったく新しい環境に身を置いたこの1年は、積み重ねの意識の連続で、

苦しい日も、落ち込んだ日も、怒り狂った日も当然あったけれど、

1日たりとも退屈で単調な日なんてありませんでした。

 

この1年間で意識していたのは、人生の「ステージ」というものかもしれません。

上手く表現できませんが、ただ必死でがむしゃらに走ってきた20代があって、

ここに来てようやく、違う景色が見えるようになりました。

 

周囲の反応や交友関係が違ってきたこともあり、
生意気かもしれませんが、自分のステージがひとつ上がったんだな、と感じるようになりました。


さらに有難いとしか言えないのですが、これまでの自分だったら手の届かないようなところにいた方々と交友関係を持つことができるようになりました。

 

とはいえ、まだ私のステージの方が当然低いわけで。

一緒にいるのにふさわしい人間でありたくて、2017年、また1つステージを上げられれば…と思っています。

 

 

単に「違う国」というだけでなくて、「新しい経験」という意味で、

まだまだ知らない世界、見たことのない世界を見たい。

世界一周を終えても、今なおこれです。

私、生涯旅人ですね。

 

 

そしてブログというアウトプットはまだまだ難しい。

これもうまくできるように頑張りたいところです。

 

f:id:kasaokanatsumi:20161229232209j:plain

2016年の振り返り(日常生活編)

過去のコト インドネシア生活

「インドネシアに来てよかった!」

心から素直にそう思える今があります。

 

仕事のやりがい、

毎日ジムに行けるっていうバランスの良い生活、

たくさんの出会い…

 

日本にいては決して見ることのなかった景色・体験がいくつもあります。

 

今日は2016年を自分の人生的な視点から振り返ってみたいと思います。

 

 

旅立ちのとき

2016年1月3日、旅立ちの日。

誰も知らないジャカルタに向かうとき、少しばかりの不安もありました。

 

11月4日、世界一周から帰ってきて過ごした日本は、
これまでとは少し違う風景に見えて、とっても居心地がよい空間でした。

 

素晴らしい文化がある。

キレイで清潔な空間がある。

安心、安全。

 

友達がいる。

家族がいて、おいしいご飯を食べられる。


食事の準備をしている、そんなふとした瞬間に

「“幸せ”ってこういうものなんだなぁ」

と思いました。


当然、未来に向けての希望もあったからこそ感じられた“幸せ”ではあったけれど、
それでも旅立ちの瞬間は感傷的になりました。


自分で選んでジャカルタでの就職を決めたけれど、

わざわざ居心地の良い場所を抜け出して、

発展途上国さながらの喧噪の地、

友達も助けてくれるあてもない、

そんな未知の世界に行く必要なんてない…


なんでこんなことを選んだのかな。。

 

日本を離れる日は、それなりに感傷的でした。

 

人間、未知の世界に入っていくのって、決めた当初は素敵だと思ってたことでも、本当にいざやる瞬間は不安になるものです。

 

…マリッジブルーってヤツか。笑

そして私も人並みに不安は感じますよ。笑 

 

 

 

それでも一度決めたことは、きっとそれが正解で。

不安になろうがなんだろうが、「やる!」と思えば後戻りはしない。

それに朝が来れば、元気は出るものです。

 

ジャカルタでの生活の始まり

そして迎えたジャカルタの朝。

空港到着後は、会社の車で送迎してもらい、ホテルも手配してもらい…

 

これまでフリーランスですべて自己責任で生きてきた身としては、会社員の有難みを身にしみて感じましたね。ホント、会社員って恵まれてます。。

 

それから1週間くらいで住む家も決まりましたが、

ドライバーがいたり、部屋の掃除をしてくれる人がいたり、部下までいたり…

とにかく来たときはビックリばかりでした。

 

新しい生活には戸惑いが多く、特に買い物や交通手段、生活リズムを作るのは、少し難しかったです。

 

 

それでも、なんとなくの生活リズムはできてきて…

 

ただ、友達がいない。

さて…

 

そんなことを思っていた矢先、偶然のつながりで出逢った人がいました。

 

そんな最初にできた友達は、私に知らないジャカルタを見せてくれたり、

新しい友達に会わせてくれたり…

 

おかげさまで、あっという間に世界が広がっていきました。

何よりもただただ一緒にいて楽しかったです。

 

あらためて、ありがとう。 

 

こうして見返してみると、どれだけ人に恵まれてるのかと思いますね。。

 

そこからあとは芋づる式に友達が増え、海外独特の日本人コミュニティで出逢うことのなかった人と知り合ったり、

それ以外にも旅行したり、帰国したり、逆に人が来たり…

色々ありましたが、それもボチボチ書いていければと思います。

もう年明けちゃう。。

 

f:id:kasaokanatsumi:20161225224548j:plain

今年3月末はバリ島行ったなぁ。

来年3月は…まだまだ楽しみ!!

ロンボク島クンチヴィラに滞在してきました。

インドネシア生活

12月に入って2016年を振り返りつつ、2017年の計画も立てています。

そこには当然、旅行計画も含んでいて。

 

そんなときに見つけたのがこのサイト。

matome.naver.jp

このサイトを見て、「ロンボク島クンチヴィラに行ってみたい!!」と自分の「行きたい場所リスト」に書いていました。


そして「さて、いつ行こうかな?」なんて考えていると、

当面は行けそうにないかもしれない…

それに今、ちょっと息抜きが必要…

 

よし、それなら今週末だ!

 

ということで、急きょロンボク島に行くことにしました。

木曜日に飛行機・ホテルを予約して、金曜日に出発。

 

「やりたい!」

「今!!」

 

とってもフットワークが軽くなった今日この頃です。 

そうして、2017年の生きたい場所リストのひとつを先取り。


金曜日の仕事終わりに直行で空港に向かい、最終的にホテルに到着したのは夜中の24時半。そして朝を楽しみに眠りにつきました。

 

 

憧れのロンボク島、クンチヴィラに滞在! 

そして朝、目覚めて待っていたのは、

海を目の前にしながら食べる朝食。

f:id:kasaokanatsumi:20161221215054j:plain

 

まさに楽園。至福の空間。

 

おいしい朝食を食べ、

プールで泳ぎ、

ホテルのスパで2時間マッサージし、

読書し、

友達にメッセージを送り…

 

とにかく贅を極めてました。

「何もしない」っていう贅沢、です。

 

ロンボク島らしい、のんびりとした過ごし方をしていました。

 

そして2日目。

コモド島に引き続き、原チャで島を爆走。

良い景色を見ながら、風をきって走るのに、ずいぶんハマっちゃいました。

運転楽しい♪

 

そんな風にして過ごしたロンボク島への弾丸旅行の写真です。

f:id:kasaokanatsumi:20161221215304j:plain

 

f:id:kasaokanatsumi:20161221215436j:plain

f:id:kasaokanatsumi:20161221215352j:plain

f:id:kasaokanatsumi:20161221215400j:plain

f:id:kasaokanatsumi:20161221215518j:plain

f:id:kasaokanatsumi:20161221215529j:plain

f:id:kasaokanatsumi:20161221215445j:plain 

 

バックパッカーで、できる限り安く、ローカルっぽく旅した20代。

かたや日常味わうことのない贅沢なお金と時間を使って旅行する30代。

 

どちらも好きだし、どちらにもそれぞれのいいところがあります。

ただどちらでも選べる、知っているってことが、人間の幅・味なのかなぁと。

 

もっと幅のある人間になることを目指していきたいですね。

 

f:id:kasaokanatsumi:20161221215500j:plain

何もしない

自然に触れ合う

最高の贅沢なんですけど、心を整える大切な時間です。

 

クンチヴィラ、そしてロンボク島、めちゃくちゃおすすめです。

のんびりするという最高の贅沢を味わいたい方、ぜひに!^^

 

おまけ

自分の泊まっていたヴィラの前にマンゴーの木がありました。

マンゴーが落ちる音が聞こえるんですよね。

「ボトッ」

って聞こえたら、なんか嬉しくなってました。

 

はい、もちろん拾って食べて、

しかも持って帰ってきました。笑

 

新鮮なマンゴー、甘くてめっちゃおいしい!!!!

マンゴーの木、欲しいなぁ。

バナナの木も…。笑

2016年の振り返り(仕事編)

経営企画室

ジム編に引き続き、仕事編で2016年を振り返ってみます。

 

ジムでの身体づくりに引き続き、仕事でも今年は総じて伸び率の大きかった1年でした。


これまでのキャリアで築いてきたのは「ITコンサルタント」というITに特化した領域で、そもそも仕事を得られたのはIT導入というタイミングに運よくもはちあわせられたから。

 

そうしてインドネシア生活・新しい会社という、すべてが新しい環境に身を置きつつ、
以前の会社でやってきたように、「IT導入のプロジェクトマネージャー」という業務にあたっていました。


それがある日、ふと気づいたんです。

 

「このITシステムの導入には、業務改善が必須」と。

 

それから方向性を見直し、プロジェクト関係者の意識変革に努めつつ、
ITの領域からはみ出した、「経営」の領域に踏み込み始めました。


社内で誰も経験したことのない「ITシステム導入による業務改革」というプロジェクトを推進する上では、自身でも業務改善の進め方や会社の組織体系のあり方について、当然学ぶ必要がありました。


ERPシステム、ビジネスプロセスリエンジニアリング、会社組織、経営企画…


本もウェブサイトもたくさん読み、本当にたくさんの学びを得ました。


そして学びを即座にアウトプットすることが求められたのは、チャレンジングでありつつも、自身の成長に大きくつながりました。


初めてのインドネシア生活に適用しつつ、インドネシア人との協業や英語での業務など、これまでとはまったく異なる経験が積めたことも大きな収穫。


こんなにも「とっても成長できた」と思えた年はこれまでなかった。

そういっても過言ではありません。

 

だけど、周りに思われるほどすべてが順風満帆なわけではなかったし、

たとえどんな状態にあったとしても、せめて人前では良い方向に考えて良い気を発信していようと、自分なりにある程度ふるまいをコントロールしていたのは紛れもない事実です。


それでも、周りから高く評価してもらったり、良い言葉がけをしてもらったり…

多少問題はあっても、総じて順調。

そんな状況にあって、どこかしらあぐらをかいていた部分があったかもしれません。

 

前向きで、ポジティブでいることはいいことだし、マイナス思考である必要もないけれど、時には「マイナス思考」な側面から自分を見つめなおすことも大切だと、

自分を律することの大切さを感じています。

 


自分の身の置き場所、やるべきこと、人生観…

 

 

残り2週間程度の12月のうちに、より深く自分と向き合って、

また気持ち新たに仕事に向き合っていければ…そう思っています。

f:id:kasaokanatsumi:20161213223857j:plain

夢を語ったら、さっそく嬉しいことがありました!

信念・哲学

「将来こうなりたい!」と宣言すること

いつから私たちは「何かになりたい!」って言わなくなっちゃったんでしょうね。

 

子供の頃は「将来はプロ野球選手になりたい!」とか、「ケーキ屋さんになりたい!」とか、そういうこと誰もが言ってたのに。

 

それが大人になって、人前で夢を語るとか、ましてや「何かになりたい!」なんて言わなくなっちゃいます。


人前でそんなことを言うのが恥ずかしくなるのか、

あるいは、そもそも「これ!」って言えるような夢がなくなっちゃうのか…


その理由は人それぞれでしょうが、気がつけば、「やりたいこと」よりも「できること」を選んで、手が届くことを「夢」と置きかえてしまう。

やる前から「もうそっちの道に進むことはできない…」なんてあきらめちゃう。


それよりも、もっと無限に、自由に、ワクワクしながら「将来はこうなりたい!」「こんなことやってみたい!」って語ってもいいんじゃないかなぁと思うのです。

 

確かになんだか気恥ずかしいし、勇気のいることですけどね。

でも、夢を語るとものすごーーーく良いコトがいっぱいありますよ。

 

夢を語っていいコトがありました

 この前、ブログで「将来はこうなりたーい!!」って宣言した私。

kasaokanatsumi.hatenablog.com

 

ななななんとですよ、

前社で可愛がってくれた先輩が本をプレゼントしてくださりました。

 

しかも3冊!!

 

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 

神様からのギフト ― ザ・コーチ2

神様からのギフト ― ザ・コーチ2

 

 

ザ・コーチ3 時間泥棒と賢者の地図

ザ・コーチ3 時間泥棒と賢者の地図

 

 

「笠岡の将来のキャリアとして見えて来たものが、

 "コーチング"と呼ばれる世界なのかもしれない。
 今の笠岡なら役に立つだろうと思うので本をプレゼントします」

 

 


じーん…(;Д;)

 


素直に、めちゃくちゃ嬉しい。


将来へのヒントを教えてくれたこと、

本を紹介してくれたこと、

そして「私のために」って本をプレゼントしてくれたこと。。

 

 

幸せ者すぎます(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

本当はね、宣言した夢が別に叶わなくてもいいんです。


それ以上に大切なのは、とにかくその「夢」に向かって今できることをやること。

行動することによって何かに気づいたり、もっと興味あることがやってきたり、何かチャンスがやってきたり…

 

とどのつまり「夢」に向かう過程での成長が大切なわけで。


というか、ぶっちゃけホントは誰も「叶った」「叶わなかった」なんて、人のこと気にしてない、と思ってる。笑

 

それでも夢を語れば、きっと応援してくれる人が現れるもので、

それが「応援してくれてる人のためにも頑張らなきゃ」っていう強い支えになって、ますます成長につながります。

 

いつ、どこで、どういう形になるかわからないながらも、夢を語ってよかった!

そう思わせてくれた先輩に感謝です。

 

 

プレゼントしてもらった3冊、約10日であっという間に読了しちゃいました。

とても心温まる、素敵な本でした。

シェアしたいこともいっぱい。また後日ブログに書ければいいなと思います。

 


最後に

すべてを捨て去ってスタートした世界一周。

メキシコのカンクンで青い空と海とリゾートな雰囲気を楽しんでいた時に、友達がくれた言葉をシェアします。

 

f:id:kasaokanatsumi:20161206235246j:plain

"Tye future is an empty canvas.

 You can be whatever you want to be. You can do whatever you want to do."

「未来は真っ白なキャンバスなんだ。

 やりたいことは何でもできるし、何者にだってなれるよ」

 

晴れ晴れとしたビーチの空を見ると、未来って確かになーんにも決まってないし、どう思い描こうが自由だなぁって思えるんですよね。

 

今もずーっと頭の中に残ってる素敵な言葉です。

 

また「夢を語ると、それが実現する」って体現して見せたいものです。

そして、、いつだってね、意識しておりますよ。

 

投資還元。

 

私、ホント頑張らなきゃっ!(;ω;)